• キッセイ診療サポート 泌尿器
  • キッセイ診療サポート 腎透析
  • ベオーバ錠50mg
  • 高リン血症治療剤 ピートル情報サイト
  • 潰瘍性大腸炎治療剤 レクタブル2mg注腸フォーム14回
  • サビーン点滴静注用500mg
  • KISSEI GALLERY.com
  • リザベン点眼液0.5%

PURO(泌尿器)ニュース

pur

公開日

ヘッドライン

公開本数9本

 
2020.03.24

ジムの新規メンバーの多くが尿失禁を報告しているが、運動療法に関する情報はほとんど得られていない

新たな知見によれば、フィットネスクラブに入会し、尿失禁(UI) を報告する人が多いが、クラブのスタッフから骨盤底筋訓練(PFMT) に関する情報が得られるのはまれである。...続きはこちら

Journal International Journal of Urogynecology, online March 4, 2020.

 
2020.03.24

術後補助化学療法は上部尿路上皮がんの生存を改善する

術後補助化学療法により、上部尿路の局所進行尿路上皮がん(UTUC)患者の無病生存が改善することが、POUT試験から示されている。...続きはこちら

Journal The Lancet, online March 5, 2020

 
2020.03.17

新規モデルにより過活動膀胱患者の早期層別化が可能

複数の因子を組み合わせた新規モデルにより、過活動膀胱(OAB)患者を、疾患経過の早期に低症状群と高症状群に正確かつ非侵襲的に層別化できる。...続きはこちら

Journal Scientific Reports, online February 20, 2020.

糖尿病ニュース

dia

公開日

ヘッドライン

公開本数4本

 
2020.03.31

大半の心臓病患者は新規二次予防薬の投与が可能

虚血性心疾患(IHD)の大半の患者、および心筋梗塞(MI)の既往を有するほぼ全ての患者が、心イベントの再発リスクを抑制するために、最近上市された新規予防薬を標準治療に追加することでベネフィットを得ることが、新しい解析から示されている。...続きはこちら

Journal JAMA Cardiology, online January 2, 2020.

 
2020.03.31

β細胞再生医療の飛躍

2種類の薬剤クラスの新たな併用はヒトβ細胞の産生を促進することが示されており、身体のインスリン産生能を回復させる糖尿病治療薬の開発に向けた重要な一歩である、とIcahn School of Medicine at Mount Sinai(ニューヨーク市)の研究者らは述べている。...続きはこちら

Journal Science Translational Medicine, online February 12, 2020.

 
2020.03.31

ESRDと心房細動を有するマイノリティはワルファリンの処方を受ける可能性が低い

末期腎臓病(ESRD)と心房細動を有するマイノリティの患者は、脳卒中をきたす可能性が高いにもかかわらず、ワルファリンの処方を受ける可能性が白人患者より低かった、と研究者らは述べている。...続きはこちら

Journal Journal of the American Society of Nephrology, online February 20, 2020.

IBDニュース

ibd

公開日

ヘッドライン

公開本数6本

 
2020.03.31

便秘型IBS患者は処方薬の服用を3ヵ月以内に中止することが多い

便秘型過敏性腸症候群(IBS-C)または慢性特発性便秘(CIC)患者の多くが、最初の3ヵ月以内にこれらの症状に対する処方薬を中止することが、新規研究から示されている。...続きはこちら

Journal The American Journal of Gastroenterology, online February 4, 2020.

 
2020.03.31

消化器疾患管理のために発行されたCOVID-19に関する勧告

COVID-19パンデミック中の炎症性腸疾患(IBD)および他の消化器疾患患者を管理するためのガイダンスが、2報の新しい論文で示されている。...続きはこちら

Journal The Lancet Gastroenterology, online March 11, 2020 and Clinical Gastroenterology and Hepatology, online March 17, 2020.

 
2020.03.16

クローン病は大腸がん高リスクに関連することが研究で確認

クローン病患者において大腸がん発症リスクの上昇が、スカンジナビアの住民対象研究で確認されている。...続きはこちら

Journal The Lancet Gastroenterology and Hepatology, online February 14, 2020.

小児科ニュース

ped

公開日

ヘッドライン

公開本数1本

 
2020.03.31

一部のエビデンスは禁制獲得前の小児における膀胱刺激を支持している

膀胱刺激法は、トイレトレーニングが済んでいない小児の排尿を刺激するのに有効である可能性があるが、どのアプローチが最良であるかを判断するにはデータが十分ではないことが、新たなシステマティックレビューから示されている。...続きはこちら

Journal

産婦人科ニュース

gyn

公開日

ヘッドライン

公開本数9本

 
2020.03.25

HPVは流産および早産と関連する

ヒトパピローマウイルス(HPV)に感染した妊婦は、流産および早産のリスクが高い可能性があることが、過去の研究のレビューから示唆されている。...続きはこちら

Journal The Journal of Infectious Diseases, online February 5, 2020.

 
2020.03.25

子宮内膜症と精神障害との間にみられる双方向の関係

子宮内膜症はいくつかの精神障害を発症するリスクの増大と関連しており、そうした精神障害の一部は、その後、子宮内膜症と診断されるリスクの増大とも関連していることが、新たな研究結果から示されている。...続きはこちら

Journal American Journal of Obstetrics and Gynecology, online February 26, 2020.

 
2020.03.25

妊娠中のSARS-CoV-2感染の管理:アルゴリズム案

SARS-CoV-2感染のリスクがある妊婦を管理するためのアルゴリズムを研究者らが開発し、医療施設での採用を呼びかけている。...続きはこちら

Journal The Lancet Infectious Diseases, online March 3, 2020.

眼科ニュース

gla

公開日

ヘッドライン

公開本数5本

 
2020.03.17

長期的視力は先天性白内障手術後の眼内レンズ挿入による影響を受けない

乳児期における先天性白内障手術時の眼内レンズ(IOL)挿入は、コンタクトレンズによる矯正と比較して、長期的視力を改善することも悪化させることもないことが、the Infant Aphakia Treatment Study(IATS)の知見で示されている。...続きはこちら

Journal JAMA Ophthalmology, online February 20, 2020.

 
2020.03.17

眼窩肉腫の分類は転移および生存と相関

American Joint Committee on Cancer(AJCC)第8版に定義されているT分類およびN分類は、眼窩肉腫患者の転移および生存と相関することが、新たな研究から示されている。...続きはこちら

Journal JAMA Ophthalmology, online February 27, 2020.

 
2020.03.05

網膜芽細胞腫における静脈内化学療法の重要性が長期データで示される

眼球サルベージに必要な場合、動脈内化学療法(IAC)もしくはプラーク放射線療法を併用する静脈内化学療法(IVC)は摘出や外照射療法(EBRT)を必要とすることなく網膜芽細胞腫をコントロールできることが、20年間の臨床でのアウトカムから示されている。...続きはこちら

Journal British Journal of Ophthalmology, online February 12, 2020.